僕の体験談

22歳のころ

 

​僕は自分の髪が減っているのに気が付いた。それにつれて、僕は自信を失っていった。もう耐えられない、それでもうそれを止めるべきだと思った。抜け毛対策をいくつかした。僕の両親は健康的な髪を持っている。だから、遺伝ではないと思った。僕は、なぜ自分がこんな目にあうのか?と思い始めた。僕のハゲの原因はなんなんだ? そして、どんなハゲ対策をするべきなんだ? 僕はいろいろと調べ始めた。

何年もかかって、僕はたくさんの抜け毛対策処置や製品を調べた。ストレス(ハゲによる悩みからの)を和らげるための催眠療法まで。ハゲを治すためのものを読んで病院も行ったが、へんなものを髪の上につけられた。植毛さえ考えた。植毛は高価だ。失った髪を取り戻す植毛をするのに、僕の車を売らなければならないなんて(しかも人形のような髪)。それで僕は、自分は男性ホルモンが多くて、だから自分を男らしくするが、髪も失っていることがわかった。
 

 抜け毛をわずらっている間の数年の間に、僕はもし頭を剃ったらどう見えるだろうかと想像しようとした。数か月ごとに、僕は剃った自分の頭のスケッチをし、時々アゴヒゲも加えた、

 

ずっと僕は頭を剃らない理由があった、それでも、時々考えてみた。僕の彼女が、僕にそうして欲しくなかったので、僕は5年間を抜け毛をわずらって過ごした。僕の抜け毛の原因や治し方をずっと調べ続けていた。

 

最終的に、僕は結婚する前になって、彼女に僕はどうにかするべきなんだと告げた(結婚式のパーティーのビデオや写真で、僕の頭の髪のない部分に強い光がまともに当たり髪の隙間から光っているのを考えずにはいられなかった)。 僕は自分のウエディングパーティーを気に病むことなく迎えたかった。
 

​​

ある週末、彼女は他の街に住む彼女の両親のところを訪ねた。僕がそうすることを知っていたので。
 
僕の酔っぱらった友達が器具を1番にセットした。それからシェービングジェルを僕の頭皮につけ、Gilletteのカミソリで剃り始めた。
 
頭を洗った後、僕はショックを受けた! 白くてつやつやした地肌、それは僕のだった!
 
僕がしたのは“正しいこと”だとはわかっていた。でも鏡を見て、すばらしいと思うと同時に、奇妙な気分だった。
 
僕が見ていたのは、白い円と二つの黒っぽい目玉だった(それで僕はアゴヒゲを生やし始めてバランスを取り、ほんの一年後にはそれなしに何とかなるようになった。)鏡の中を、さらに二度見た。そしてわかった。何かない。まだ、何かない。

僕のハゲがなくなっている!

​​

生まれ変わったように感じた!

次の日、彼女が帰ってきた。
初め、僕の剃ってスベスベした肌を見て、彼女は泣いた(悲しみとすべてを込めて…)でも次の日、この方がずっといいことを彼女は認めた(彼女がそうするしかなかったのは、わかる)。
 
数日後に僕の頭皮は、いい具合に日焼けしてきた。それで、さらにパーフェクトになった!
 
鏡の近くで長く辛い時間を過ごした後で、僕はもう僕が見ているものを好きになれた。
 
数か月後、僕はこのウェブサイトを作った。ハゲの本当の解決法について広めるために。それは他のどんな抜け毛解決法よりも良い!(と僕は思う)

 

5年間 というハゲによって煩わされた時間は、ある輝く夜に終焉を迎えた!